2013年12月05日

AT-MA2のコンデンサやオペアンプを交換して更に高音質を狙ってみる

130921_1926~01.jpg

前回までの記事で出た機材以外だとUA-4FX(cakewalk)e-mu0404USB ProjectMix I/OからAT-MA2からUCA222とかにAKG c520 Behringer C1など試しましたがどれも声が太かったり不自然な響きがあってSkypeには向いてませんでした。


綺麗かどうかと言えばBehringer C1みたいな普通のマイクを使うと簡単に声はクリアになるんですが、PCの前にマイク置くのが好きじゃないのと距離によって音量が変化するので慣れないと聞いてる側のウザさが半端無いらしいです。



そこで一番評判の良かったAT-MA2からUSBサウンドに接続(xoner U3・Sound Blaster X-Fi Go!)かマザボ接続をもう少し何か出来るか試しました。マイクはPC 350をメインで使ってましたがマイクはともかく、ヘッドホンが音楽を聴くにはちょっと物足りないのとミュートの際のブチって音がちょっと気になったのでこの際ヘッドセットもいろいろいじりました(後日記事)


ちなみにPC350のパッドがボロボロになったので交換ついでにマイクを分解した所、PC131等とは違う金色の部品だったので一時期ネットで部品を探してみましたが正確には解りませんでした。音質の話はかなりオカルトな話なので効果があると解るものだけを採用しました。


<効果があったもの>
付属の電源からCUSTOM AUDIO JAPAN PB12DC9-2.5Rに替える。
※これはボリュームを同じのまま録音したら誰でもノイズが減ったのを確認できます。


AT-MA2のコンデンサのうち容量が小さい部分をフィルムコンデンサに大きい部分をタンタルに変える。
※電解よりタンタルが良い(性能的に?)は聞きましたが、使ってみるとちょっと金属ぽい響きと広い感じが出るのでそっちで選びました。


一般のオーディオ用コンデンサは東信utsjとかニチコンFG KZ OSコンsepc等は余り良くない感じがしました。全部同じものにしないで混ぜたりもしましたがマシになる程度でした。

130629_1436~01.jpg

いろいろ試す用に全てをソケット式にしたもの
130628_1221~01.jpg

110303_0253~01.JPG

ネットでの評判がそこまで良くないシルミックUだけはかなり良いと思いました。容量47uFのを使い聞いてみるとクリアで高音の部分のささりが上手くかすれるので聞きやすいです(例:さ行がちくちく刺さる感じではなくスゥーと綺麗に出ます。)


あと東信のUTWRZが良い意味で普通の音なので良いと思います(全部にするとちょっと安ぽい感じ)


お手軽に改造するなら電源とこにOS(sepcでは無くSPみたいな青い方)1個カップリングにシルミック47uF*2個 他全部東信のUTWRZが良いと思います。オペアンプは元ので十分だと思います。改造する人の為にコンデンサの容量と向きを図にしておきます。電圧の方は全部16V程度あれば良いと思います。

120407_1218~01_0001.jpg

今後改造する時用にコンデンサの容量と向きを書いておきます。AT-MA2.JPG

※今使ってるのは一番上の絵のフィルムとタンタルに交換したAT-MA2です。オペアンプも電圧や使用目的に合わないかもしれないLt1028が一番ノイズが少なく綺麗な音がしたので付けています。(たまにlt1363 lt1037 lt1468-2)

音質はノイズっぽさが無く、電解より少し空間が広い感じがするのが特徴です。lt1468-2だと更にクリアで良いと言われましたが自分で確認するとクッキリ過ぎて話すときに気を使うので止めました。

他ので良い出来だったのはシズキの黄色いフィルムを使ったのが何故かボリュームの取りやすさが良いのと音質もクリア過ぎず聞きやすいと思いました。残念ながらOSコン spec(紫のライン)は一個でも結構声が太く(クリアさはある)なるのでヘッドホンアンプには良いと思います。自分が作った中ではタンタルバージョンか黄色いシズキを混ぜたOSコンバージョンが良い音だと思いました。

部品はGarrettaudioって所で1個づつから買えます。使ってみたくて一個だけトロピカルフィッシュも買って付けてみました。


audio-technica マイクロフォンアンプ AT-MA2


posted by Rifa Evox at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Skype マイク ヘッドセット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。